子供がインフルエンザに感染。他の家族にうつさないようにするには?

Q:お客さんからのご質問

昨日から2番目の息子がインフルエンザに感染しています。長男が近々スキー合宿に出かけるので絶対にうつしたくありません。私たち夫婦も仕事があるので感染したくないと思っています。どうすればいいでしょうか。

 

A:ベテラン医薬品販売員の回答

インフルエンザは主に濃厚接触によって感染していきます。濃厚接触とは一緒に生活する場合や、閉ざされた部屋にて生活することを指します。家族の場合は濃厚接触を避けられないことが多いので一家全員が感染してしまうということがよくあります。

これを防ぐには感染者と同じ部屋に立ち入らないことや、立ち入る際にはマスクを装着してうがい手洗いを徹底すること、感染者がいる部屋の換気をこまめに行うことなどが大事になります。

また、トイレや洗面所などのドアノブから感染することもあるので、感染者と接触がなくてもうがい手洗いを徹底することも求められます。

これらを徹底すると共に抗ウイルス作用のある板藍根エキスをおすすめします。板藍根エキスは本場中国ではポピュラーな漢方薬であり、インフルエンザの予防はもちろん咽頭痛、耳下腺炎、肝炎などに応用されています。

抗菌試験ではブドウ球菌や連鎖球菌、髄膜炎球菌、肺炎双球菌、インフルエンザ桿菌などに抑制作用があることが確認されています。

実際に当店では多くのお客様におすすめさせて頂いておりますが、ほとんどの方から「インフルエンザに感染しなくて済んだ」などのお喜びの声を頂いています。

 

相談後の経過

10日後に満面の笑みでお客様がご来店され「誰にもインフルエンザうつりませんでした」と開口一番に報告されました。

長男の子供さんは小学校6年生ですが、板藍根の味を嫌がることなく服用したということで、無事スキー合宿に参加することができたとのことです。

インフルエンザにかかってしまった次男も、病院の薬がよく効いたのか、3日で熱も下がりその後食欲が出てきて5日でほぼ健康体に戻ったとのことです。

 

おすすめさせて頂いた漢方薬の説明

板藍根は中国では漢方薬ですが、日本では医薬品ではなくサプリメント扱いとなっています。

当店では板藍根エキスを唾液にて飲み込んでみもらうという方法を取っており、それによって、板藍根が口内及び咽頭部に長く効果を及ぼすことができるので、住みついているインフルエンザウイルスを撃退することに繋がります。

家族にインフルエンザ感染者がいる場合はもちろん、インフルエンザが流行しているシーズンは予防の為に毎日摂取するという方が多くなっています。

 

さいごに

最初に製薬会社からこの板藍根を紹介してもらった時は「本当に効くのかな…?」と疑心暗鬼だったものの、お客様にご紹介するうちにその効果の高さにいい意味で裏切られました。今では自信を持っておすすめさせて頂いています。

 

コメントを残す