はやり目やものもらいなど目の病気に頻繁にかかります。その原因と対処法

Q:お客様からのご相談

約2年位前からはやり目やものもらいなどの眼病に頻繁にかかってしまいます。

病院にて薬を処方してもらうとすぐに治るのですが、何となく体が弱っているような気がして心配です。眼病の原因と症状改善に役立つサプリメントや漢方薬を教えてください。

 

A:ベテラン医薬品販売員の回答

はやり目やものもらいなどが引き起こされる原因は最近やウイルスです。原因となる細菌やウイルスが目や目周辺の粘膜にて増殖し炎症を起こすことで症状が出ます。

しかし、原因となるウイルスや細菌が目に付着することで全ての方に症状が引き起こされる訳ではありません。はやり目の原因とあるアデノウイルスが付着しても症状が出る人と出ない人とがいます。

その違いは免疫力です。原因となるウイルスや細菌を攻撃する白血球の働きや、侵入を許さない粘膜の収縮力などの強さにより免疫力の強弱が決まります。

お客様の場合には、恐らくストレスや働き過ぎ、運動不足、寝不足、栄養バランスの偏りなどの生活習慣により免疫力が低下していることが原因だと思います。

改善法としては先ほど説明した生活習慣を改善すると共に、免疫を高める作用のある「納豆菌製剤」をおすすめさせて頂きます。


 

相談者の経過

1か月後「こんなによく効くサプリメントがあるんですね!」とビックリしながらご来店されました。

納豆菌製剤を飲み出してから1月に2回ほど目の病気に悩まされていたものの、1度も眼病が出ていないということです。そればかりか、長年悩まされていた歯槽膿漏の症状も緩和されているということです。

 

おすすめさせて頂いたサプリメントの説明

カルピス社から発売されているビオマインというサプリメントです。納豆菌は体内に生息できる菌の中では最も強く、口内~肛門までに生息している病原菌を死滅させるという働きがあります。

これにより消化器官中の悪玉菌が減り、代わりに善玉菌が増えるので体全体の免疫力が向上します。

 

さいごに

目の病気が繰り返し発症するという症状ですが、多くの場合、目だけではなく体全体の問題です。体全体の免疫力や体力が低下していることにより、目及び目周辺の粘膜に病原菌が繁殖してしまいます。

何故眼だけに症状が出るのかというと、それはその人の弱い部分に症状が出るというのが答えになります。

 

コメントを残す