更年期障害に伴い生じるようになった高い音の耳鳴りの原因と対処法

Q:お客様からのご相談(52歳女性)

1年位前からホットフラッシュやめまいなどの更年期障害が出るようになりました。それと同時に、キーンという高い音の耳鳴りが1日中鳴り響くように…。

更年期障害だけでも辛いというのに耳鳴りまで重なり本当にうつになりそうなくらい沈んでいます。何かいい漢方薬やサプリメントなどありますか?

 

A:ベテラン医薬品販売員の回答

更年期障害の症状としてホットフラッシュやめまいが有名ですが、耳鳴りもまたその症状の1つです。

更年期になると、女性ホルモンの分泌が急激に少なくなることにより、ホルモン分泌の指令を出す脳が異常に興奮してしまうことによって様々な自律神経症状が生じます。耳鳴りもその1種であり、耳からの音を拾う脳下垂体が興奮してしまうために発症します。

この耳鳴りを改善するためには「女性ホルモンを増やしてあげること」と「脳の興奮を緩和させること」を行う必要があります。

①に対して効果があるのがプラセンタエキスで、②に対して効果があるのが加味逍遥散です。この2つのサプリメントと漢方薬を利用することにより、不快症状を抑制することができます。


 

相談者の経過

服用を始めて3週間でホットフラッシュと耳鳴りの頻度が減少しました。めまいの方も若干楽になったような気がするということです。

その後、約2か月同処方を服用した結果、ホットフラッシュの頻度は服用前と比べて1/5程度となり、耳鳴りの頻度は1/3、耳鳴りの大きさも1/3になりました。

それぞれの症状が楽になったので、「生きているのが辛い」ということがなくなり、色々なことが楽しめるようになりましたと喜ばれています。

 

おすすめしたサプリメントと漢方薬の説明

プラセンタエキス:豚の胎盤が成分となっているサプリメントです。胎盤にはアミノ酸やビタミンB群、各種ミネラルが豊富に含まれていることから心身を元気にすることができます。

また、女性ホルモンを増やす働きがあるので、更年期障害の不快症状の緩和に効果を発揮します。

加味逍遥散:血液を増やす作用、胃腸を整える作用、全身の緊張を緩和する働きなどがあることにより、精神的な緊張感や興奮を改善に導きます。この働きにより更年期障害によって生じる自律神経のアンバランスを改善します。

 

さいごに

更年期障害でご相談にみえる方が年々増えています。特に多いのがホットフラッシュや動悸、不眠ですが、耳鳴りを訴える方も一定数いらっしゃいます。

耳鳴りは気になりだすと大きく感じるようになり、人によっては耳鳴りによって精神的におかしくなってしまう場合もあります。よって、なるべく早く改善しなければなりません。

 

コメントを残す