いつも胃からチャプチャプと水の音がするという方からのご相談

Q:お客様からのご相談(20代男性)

10日くらい前から動いたり、手で腹部を押したりするとチャプチャプという水振音がします。それと同時に、体全体がけだるくなったり、食欲不振などの症状も伴います。この不快な症状の原因と改善法を教えて下さい。

 

A:ベテラン医薬品販売員の回答

恐らく、水分の過剰摂取によって胃腸の機能が低下している症状だと思います。水分を摂りすぎると胃腸が冷やされて機能が低下します。

機能が低下してしまうと、消化吸収機能も低下して過剰に摂取した水分が胃にいつまでも留まるのでチャプチャプとした水振音がするということになります。

改善法としては、水分を摂取する際は常温~温かいものを一気飲みせずに少しずつ飲むようにすることと、食事は生もの、あぶらもの、味の濃い物は避け、火を通したあっさりとしたものを摂るように心がけます。

更に、水分の吸収を高める作用のある五苓散という漢方薬をおすすめします。


 

相談者の経過

漢方薬がとてもよく効き、1包目の服用で腹部の不快感がスーッと消えてなくなりました。水振音が消えると自然と食欲も出てきて食事が美味しくなりました。

このように良好になったので調子に乗ってとんかつ定食を食べ、冷たい清涼飲料水を飲んだところ、また以前のように水振音+食欲不振となったので以後気を付けています。

その後、食事と冷たい飲み物に気を付けて漢方薬を欠かさず飲むようにした結果、不快症状を感じることがなくなりましたということです。

 

おすすめさせて頂いた漢方薬の説明

水分の代謝を活性化する沢瀉、猪苓、茯苓、白朮などの漢方薬が配合されています。これら生薬の働きより、胃腸に滞っている水分の吸収を促進し尿として排出させるという働きを高めます。水様性の下痢、吐き気、むくみなどに効果的です。

 

さいごに

お腹がチャプチャプいって不快という症状は冷たい水分を沢山飲む夏特有の症状です。胃腸という臓器は冷やされると機能が低下してしまいます。

よって、冷たいものの過剰摂取や、水分の停滞は胃腸の機能を停滞させてしまい、水分の吸収や食べ物分解が滞り不快症状を引き起こします。

夏は汗を多くかくので水分を沢山飲まなければなりませんが、なるべく常温~温かい水分を一度に大量に摂取せず、こまめに摂るように心がけることが不快症状を防ぐのに大事になります。

 

コメントを残す