頻繁に膀胱炎になってしまう…という方からのご相談

Q:お客様からのご相談(30代女性)

ここ3カ月の間に5回も膀胱炎になっています。その都度病院にいって抗生物質を服用して治しているのですが、しばらくたつとまた膀胱炎になるので、抗生物質ではなく体力を強化する必要があるのでは?と思いこちらに相談に来ました。

頻繁に膀胱炎になってしまう原因と対策法を教えて下さい。

 

A:ベテラン医薬品販売員の回答

頻繁に膀胱炎になっているということは、免疫が低下している可能性があります。女性は尿道から容易に膀胱炎の原因となる雑菌が侵入しやすくなっています。

しかし、免疫が正常であれば雑菌が死滅しますので膀胱炎には感染しません。3か月の間に5回も膀胱炎になるということは確実に免疫の活性化が低下しています。

改善には免疫細胞を活性化させる作用のあるタンパク質(肉、魚、卵、乳製品、豆類)や抗酸化作用のある食べ物(野菜や果物、ニンニク、など)必要です。

腸内環境を改善する食べ物(ヨーグルト、納豆などの善玉菌を含むもの、食物繊維)をバランスよく食べることや、ストレスや過労、睡眠不足を改善することも大切です。

また、下痢や野菜だけを食べる食生活は膀胱炎を誘発するので、こちらも改善するようにします。

更に、体質改善としては、免疫を高めて膀胱炎を予防する十全大補湯と、膀胱炎かな?と思った時に服用する猪苓湯をおすすめします。


 

相談者の経過

相談した1週間後に膀胱炎かも…と思った時があったのですが、猪苓湯を服用することで改善することができました。その後、2か月が経過しますが、十全大補湯と食生活の改善を徹底したところ、膀胱炎になることがなくなりました。

体調の方もよく、朝起きや食欲などが劇的に改善されたということです。

 

おすすめさせて頂いた漢方薬の説明

十全大補湯:人参、黄耆といった体を元気にする生薬とジオウ、当帰などの体の栄養になる生薬、それに体を温める桂皮がプラスされた漢方薬です。体力や免疫の低下、めまい、病中病後の体力向上などに用いられています。

猪苓湯:尿の出を良好にすると共に、膀胱や尿道に引き起こされている炎症を取り除く効果、抗菌作用などを併せ持つ漢方薬です。膀胱炎、むくみ、排尿痛などに用いられています。

 

さいごに

膀胱炎は圧倒的に女性に多い疾患です。尿道が短いために雑菌が侵入しやすくことが主な要因です。主に肛門から大腸菌が侵入することで引き起こされるので、下痢している時はなるべく菌が移動しにくい洋式のトイレで用を足すことが予防に繋がります。

 

コメントを残す